極小ベランダ栽培

狭いアパートの狭いベランダでの家庭菜園日記です。今はブドウを育ててます。

鉢植えぶどう栽培の準備のおさらい

 鉢植えぶどうの栽培にあたり、私なりに準備したものを書きます。

 

1.鉢

 丸型の10号サイズ。

 

2.土

 赤玉土腐葉土、鉢底に敷く軽石

 

3.苗

 ネオマスカットとかいう品種だった記憶です。

 

4.添え木

 名前が出てこないのですが、枝やつるを誘引する、緑いろの補強器具で、当初は70cmほどのを購入しましたが、突き抜けたので、90cmに切り替えました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ここまでで、5千円しなかったはずです。

 輸送費などの経費は、0円です。

 

 次に、栽培中に必要となったものとしてです。

5.トップジンMペースト

 住友化学園芸 eグリーンコミュニケーション|トップジンMペースト

 日本曹達さんが製造し、住友化学園芸さんが卸している農薬だそうです。

 当初、少しで良かったのですが、その後、色々と使う羽目になりました。

 

6.ファスナー付ネット

 網目が細かいようでも、小さな羽虫が先日1匹入っておりました。

 どこからわいたのか・・・・。

 90cmの添え木に対して、1.5Mくらいはある為、鉢の下で折り曲げる必要があり、止めるのも紐というものでした。

 折り曲げる為、その分のファスナーも折り曲げる事となりますが、スライダー(ファスナーの開閉部品)は、上下についているので、適当なところから開閉可能です。

 ただ、紐というのが・・・・。緩むんですよね。

 

 

 さて、ちなみに、購入したホームセンターでは、4月前くらいには、ぶどう全種売っておりませんでした。

 が、

 4月2・3週目頃には、また売りだしてました。

 しかし、うちのは葉も新しい幹も出ているのに、ホームセンターのは、それがない。

 

 この点が不思議です。

 やっぱり、うちのは、早く咲き過ぎているのでは?のつるなしさやえんどうの二の舞を恐れてます。