極小ベランダでブドウ栽培

狭いアパートの狭いベランダでの家庭菜園日記です。今はブドウを育ててます。

クリスマス前に剪定

 剪定は2月では遅すぎるそうで、12月入る前くらいに済ますのが普通らしいとのことで、3連休中にやってしまおうと、早速取り掛かりました。

 

f:id:berabudosai:20181222115512j:plain

 剪定前がこれ↑。完全に葉が黄色化です。葉もいつの間にか落ちており、カサカサです。

 

 剪定に取り掛かるために、枝をばらします。

f:id:berabudosai:20181222115527j:plain

 幹から太い枝が3本。ちょっと8号の鉢植えでは、多すぎるようなきがしており、ネットで鉢植え栽培をしている方の写真を見ると、枝1本で実をつけているのを見かけもしたので、1本だけバッサリ落とし、2本を残して、かつ、枝毛のような小さな枝も切り落としました。

 最初に芽が出た枝を切り落とすべきだったかもしれませんが、最初に出ただけに愛着があり、一番上から分岐発芽した枝で、やたら変に枝分かれしていた枝を切り落としました。

 

f:id:berabudosai:20181222115540j:plain

 そして、この状態↑。

 高さは、一番上の枝を切ったこともあり、強風防止も兼ねて、15cmほど低くなりました。

 結構、枝を曲げるのが、きしむ感じで、折れそうだなあと。

 

 昼頃から雨が降ってきたので、今日は玄関に入れておきます。

 全く芽が出ず、枝だけ勢いよく伸びるのは、結実するための何かが不足しているのか、余計な何かがあるのかで、剪定は断捨離にも似てますね。